2005年05月

女の世界

・・・ドロドロしています。

今日は、乳がんの患者会から講演の依頼があり、
内容について打ち合わせ。

NHKの取材は「乳がん検診」についてがメイン
だけれど、今回は同じ患者相手だから、楽しそう~!

原稿なしで、バリバリ1~2時間は平気でしゃべれる、
しゃべりには自信があり!

「生きる気力」
「自立した患者」としての知恵。
介護保険が導入されるということで、「他人様の力」
を借りて、自立して生活する末期がん患者のいいお手本に
なれば・・・とも思う。

それには、支援される側、本人の意識と家族の教育が
とても大事だと身を持って感じる。
最期まで戦々恐々とならずに穏やかに暮らせるのが理想。

伝えたいことを自分の口から、自分の言葉で伝えられることは嬉しい! 

生卵が飛んで来ない程度にがんばろう!

女の命

美容院へ行った。
脱毛中の方には本当に申し訳ないのですが、女の楽しみです。

2年前、かつらから地毛デビューしたのもこの美容室だった。
多感な長女と一緒に入った美容院には幸いなことに私達以外の
お客様は誰もいなかったが、男女含め、6人のスタッフの前で
かつらと帽子をはずした。

緊張する固まった空気。シーーーーン。

「実は癌の治療で脱毛して・・・。」

「お・おひさしぶりですね・・。」

親子で並んで鏡の前で、髪の毛を整えてもらった。

まだ5センチぐらいしか生えそろっていなかった。
私の髪の毛。どう整えていいのか・・・。

何て声かけていいかわかならい。どんよりした親子に
気を使う美容室のスタッフ。

大抵の辛い過去も時間が笑い話に替えてくれる。

長女、次女、私も今も尚、同じ美容室に通う。
別に悪いことをしたわけじゃなく、病気で脱毛したのだから、
誰に逃げたり、隠れたりする必要はない。

今は首に転移しているので、頭のマッサージはご遠慮させて
いただく。

美容室での楽しみは、週刊誌を読むこと。
この手の雑誌は美容室でしかまずお目にかからない。

ネットでのお友達が取り上げられた週刊誌を見損ねたので、
お願いすると奥から、バックナンバーを探してくれた。

新しい週刊誌には、これまた知り合いの女社長の乳がん患者が
取り上げられていた。皆、元気そう!

こういうところに取り上げられる人って綺麗な人が多いわよね。
私も綺麗だから、取り上げていただいたんだわ~。
と勝手にうぬぼれる。
ああ~、恥ずかしい、恥ずかしい。

乳がんには30人に1人の確立でなる。
決して他人事ではない。
こういう記事を美容室で多くの女性が読んで、
早期発見早期治療に結びつくといいですよね・・・。

なんて、ことを人事のような顔で、美容師のお姉さんと
おしゃべりしている私って、変?!


「命の重さ」

NHKの取材内容を確認。
「乳がん検診について」とても楽しいひとときとはいかない内容。
傷口をえぐられる取材内容を私があえて引き受ける必要はないし、
心を穏やかに保つことに専念したほうがいいのかもしれない。

取材を受けるにあたり、どうしても確かめておきたい事実を
確認する為に、私が検診を受けたクリニックに電話を入れた。

「乳がん検診・受診に使われていたエコーのプローべについて、
一言だけ、質問させてください。」

何度頼んでも、医師が電話に出ることはなく、受付の方に

「あなたのせいで去年の今頃は大変だった!」
と怒鳴られて電話を切られてしまった。

これが現実。
患者の声は、個人レベルではたった一つの質問すら、
受け付けてはくれない。

NHKのスポンサーは日本国民。
公の電波を25分間独占することは誰にでも、来る話ではない。
「今、私が生かされている意味」を考えると
多くの患者達、悔しい気持ちを言う暇もなく亡くなった方、
大事な家族を失った人の大勢の気持ちを代弁する責任を感じる。

医者には「わからない」と一言える勇気を持って欲しい。

早期発見で治癒した乳がん患者から、乳腺の専門が産婦人科だと
思い込んでいた自分の無知を罵られて、また傷つくかも知れない。

患者の無知・行政の怠慢・医師の無視。

立場は違っても、それぞれの家族を持つ同じ人間同士、
「命の重さ」は平等だということを伝えたい。

おかあさん、ありがとう

050508_1757%7E01.jpg


私の元に生まれて来てくれてありがとう。
もし今日死んでも、やはり同じ私の人生を歩みたい。

お母さんに感謝する日にありがとう。

輝け!日本乳がん党

皆さんにご協力いただいた署名が約3万人分集ったそうです。
ありがとうございました!

5月10日(火)に提出されます。

それにしても、どうしてこう「乳がんネタ」にはマスコミは
食いつきがいいのでしょう。
それには企業とのタイアップしやすいという要因あるような気もがします。

乳がん関連で、企業が得ている利益も莫大だし、
乳がん撲滅を謳うことで企業のイメージアップになり、
スポンサーがつきやすいということでしょうか。

NPO乳がん情報ネットワーク 発起人メンバーの
大手企業のお偉いさんメンバーを見て「なるほど~」と今更、実感。

女性の死亡率ナンバー1の乳がん。
早期発見早期治療で助かる命も多い。
プロフィール

drecom_mariko4649

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ