2005年07月

夏休み!

今日から、夏休み!
子供が3人いると次々と学校の面談の季節です。

昨日は、骨RI検査と肺のCT検査の合間に病院を抜けて、
小学校の長男の面談に行って来ました。

帰りに買い物に行く為、荷物持ちに長男も連れて行く。
小学校は基本的に先生と親の2者面談なので、子供は連れて行かない
のだが、教室を案内して、廊下をウロチョロしている長男を見て、
担任の先生が、「やぁ!おいで、おいで。」と呼んで下さり、
急遽、2者面談から、3者面談へ変更。

「夏休みのお手伝いは庭の水まき。
苦手の漢字を毎日、お母さんと一緒にがんばる。」と先生の前で約束。

特に本人の前で隠して話すことは何もないので、とてもよかった。
小学校も、夏休みの目標を決める3者面談はいいと思う。

どの母親にとっても、地獄の夏休み。
今年は、親子で存分に楽しみたいと思います!
夏休み中は、子供達がいて忙しいので、スロープログになりますが、
皆様も、どうぞ、よい夏をお過ごし下さい~!

BESTクラッシック100

img10571481120.jpg


最近話題のベストクラッシック100。
誰でも知っている名曲がズラリ100曲7時間でたったの\3000。

今日は、朝から、骨シンチ検査の為の注射に行く。
今日、検査を受ける人たちが朝、まとめて注射を受け、
午後に薬が体中に回った後、検査。

がんの骨転移の検査なので、対象はがん患者もしくは
がんの疑いのある患者さん達。とても、どんよりした雰囲気です。

担当の検査技師さんは女性で明るくハキハキとまるで
ディズニーランドのアトラクションへご案内するかのよう。
とても、感じよく、わかりやすく、親切、丁寧。
女性の検査技師さんは、わりと患者さんに人気があります。

最初の頃は、この圧迫感のある筒のような機器の中に入る度、
とても気が滅入り、シクシクしていたものですが、
馴れると爆睡モード。

今日は、流れる音楽があまりに美しかったので、
「いい曲ですね~。」
彼女が選んで、流してくれているようで、患者さん達の
不安感も、音楽によって癒されます。

最初、この病院で放射線を受けた時も、音楽が流れていた。
私の時はクラッシックで、前のおじいさんの時は演歌だった。
人を見て治療中に流す音楽を選曲してくれているようです。

それ以来、私のイメージってクラッシックなんだわぁ~!!!
と勝手に勘違いして、クラッシックを聴くようになりました。

病院の待合室等、点滴を受ける時間も、音楽には癒されます。
おためしあれ!

がん患者の美徳

「がんと闘う」というよりは「がんと共存」したい。

今日は、半年ぶりの肝臓CT。
病院は本当に嫌だ。 心が病気にとらわれる場所。

再発治療の患者にとって、検査はどんな意味があるのだろう。
全身検査して、新しい転移場所を見つけてどうするか、
がんが進行している場所により、対処法が違う。

治癒しないことを前提に、自分で新たな転移を想定し治療法を考える。

肝臓→カペシタピンの追加投与(経口抗がん剤)
骨→骨セメントの追加
脳→ガンマナイフ(3㎝以下の腫瘍に適用)

新たな選択には「治療を止める」こともある。
緩和ケア病棟があっても、一般病棟で亡くなる末期がん患者も多いそう。

「最後まであきらめない!」という患者の美徳(?)がそうさせて
いるのだと思う。

もしかすると、治療の副作用で寿命を縮めているかも知れない。
最後まで「がんと闘う」そこに「安らかな死」はあるのだろうか・・・?

私は自宅でねばり、最後は「看取りの専門」緩和ケア病棟
に行きたいと思う。
もう、行き先は下見して決めてある。
こういう私の具体的な行動は「心の安定」につながる。
先行きが見えないことに人間は不安を覚えるが、予測できることには、
安心するものだ。

検査前に点滴、研修医が失敗。
無言で2回目にトライする、まだ大学生のような若い彼の目を見据え、
低い声でささやく・・・。

「わざとじゃなくても、悪いと思った時は、あやまったほうが
いいですよ。患者の気持ちはその言葉一つで救われるのだから。」

「す、すいません・・・。」

えら~いドクターはあやまらないけれど、良医は『ごめんね』と
率直な一言が身についている。
それもまた医者の技術のうちだと思う。
真心のこもった医師の言葉は同じ人間の言葉として患者の心に響く。

研修医のポケットには、ずっしりと重くマニュアル本が・・・。
過酷な重労働に耐えている彼に、私の言葉はきつかっただろうか。

いい医師に育って欲しい。
そんな願いをこめて、悪いことは匿名の投書ではなく、
本人に直接言う。

「乳がん検診」に対する世論

********************************************************************
日本経済新聞近藤誠医師(2005年7月15日夕刊)の記事
がんの治療、苦痛を招くこともあるだから-枯れて眠るような死を-

「早期発見も早期治療も不要」という近藤理論は衝撃的。

「病院や製薬会社、医療機器会社が市場を広げようと検診
を提唱しているが、乳がんも手術で寿命が延びたという
証拠はない。」

がんには「本物」と「がんもどき」がある。
「本物」は発見当時にはもうすでに転移している。
「がんもどき」は放置しても転移しない。
*********************************************************************
彼の著書の影響で、手術や抗がん剤治療を拒むがん患者も多いらしい。

この数日前の経済新聞夕刊紙面では、
外資系のキャリアウーマンが仕事を「生きる張り合い」にしつつ、
乳がんの治療をしながら、早期発見早期治療を訴える記事が掲載された。
仕事が「生きる張り合い」になっている人も多い。

この相反する2つの記事を見比べて、
乳がんの早期発見、早期治療は、はたして本当に有効的なのだろうか?

国費で各都道府県でまかなわれる乳がん検診は
高いマンモグラフィー(1台3000万円)を購入しても、受診率が低い限り、
生存率は上がらない。
「所詮は他人事」だと女性の意識が低いのだと思う。

1センチの乳がんに成長するのに約10年かかるという。
7センチの私の乳がんは、一体、何時からあったのだろう。

患者は、やはり心情的には、少しでも、早く専門医に観せて早く治療を
始めていれば、命が助かったかも知れないと未練が残る。

私の身近な人達が、最近、マンモグラフィーの検査で早期で発見
出来た人が数人いる。
「よかったね!早期に見つかって。」

再発する可能性は、誰にでもあるのだけれど、少しでも手術や
補助療法で再発の確立を下げることが出来たら、治癒するチャンスは
確実に高まる。

乳がん検診の受診率が上がらないのであれば
乳がん検診をいっそのこと廃止し、
自己検診と専門医の受診による啓蒙運動をするのもしかり。

「乳がんの自己検診の方法と異常を感じた場合の地域の専門医のリスト
から受診をすすめるガイドライン」を厚生労働省が配布する。
というのはどうだろう。

実際に、ある都道府県では受診率が低い「乳がん検診」そのものを
廃止した市もあるという。
無料の集団検診はもうとうに時代遅れなのかもしれない。

外科手術・化学療法・ホルモン治療、乳がんの治療には奥が深く、
医学もどんどん進歩しているので、そのうち、切らないで完治できる
病気になってくれることを願う。

早期発見、早期治療で、完治できることが多い乳がん。
再発しても、乳がん治療の奥も深いので、
あきらめる必要もない。

私は7センチにもなって手術し、全摘後の放射線治療を受けた為、
現在の局所コントロールはとても良く、手術跡もとても、綺麗。

手術せずに放置すると腫瘍が外部に露出して悪臭を漂わせ、
QOLを著しく低下させる。
手術も放射線治療も受けてよかったと思っている。
放っておけばいい・・・とはとうてい思えない。

再発患者は完治しないにしても、QOLを保ち
がんと上手く付き合って生きたいものだ。

医学は日進月歩。
乳房を切らなくてすむ治療や内視鏡手術も行われている。
患者本位のそれぞれの治療法を患者の意思で決められる時代が来て、
乳がんがそれほど怖くない病気になる時代が来ることを願う。

私には娘が二人いる。
この子達には、私のような辛い闘病生活を送って欲しくはないと
切に願わずにはいられない。

静かな夜

3連休だと、ゆっくり過ごせる。
今夜はご近所の焼き鳥屋さんにフラフラと歩いて食べに行く。
家族で、食べて、飲んで、語って。

帰り道に、月があまりに綺麗だったので、そのまま長男と
公園で犬の散歩をしたり、ボール投げをする。
おサルのように転げまわる長男。
横には花火を楽しむ親子もいた。

こうして過ごす時間、がん患者であることは忘れている。

余命半年の告知をはるかに裏切り2年以上。
私のQOL(生活の質)はとても、良く保たれている。
多くの人の真心に支えられていることと、
医学の発達し、「自分で選んで来た道」と「精神力」が
命を延ばしているのだと思う。

抗がん剤を全否定しているわけではなく、ホルモン治療の
効果をみながら様子を観ているうちに、のらりくらりと2年経過。

治療の副作用で「生きる気力」をなくして自分を見失い
生きるのはまっぴらごめん・・・。

副作用と効果をはかりと天秤にかけ、主治医と相談し
自分で決断するしかない。

もしかすると病状が急変するかも知れない・・・。
それは、誰もが事故や災害で何時も死と向き合って
生きているのと何ら変わりないこと。

「死」を意識するかしないかの差はあるだろうけれど、
がんを告知されたからといい、自ら24時間365日、
がん患者のレッテルにしばられ生きる必要もないと思う。
もっと「ふつーの人生」を楽しみたい。

死は誰にでも平等に訪れる・・・。

当然のこと意識しないで、ただ漫然と生きている。
穏やかに家族と過ごす、平凡な休日の夜。
「明日がある・・・。」と自然に思う。
プロフィール

drecom_mariko4649

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ