2005年12月

う○この風邪

今、流行のお腹に来る風邪をひきました。
9度の発熱、下痢。
丁度、今年最期の通院日だったので、主治医に症状を訴えた。

「せんせ、(う○こ)は出しちゃった方がいいんだよねぇ~?」

お腹の風邪は下手に下痢止めとか使わないで悪い菌は早く外に出しちゃった方がいいらしい。

その日の点滴は止めて休薬することに・・・。

結局、2日間、ポカリスエットをがぶがぶ飲んで、うどんを食べて、
整腸剤を飲んで、治りました。

正月のご馳走も無事に食べれそうです。

風邪は万病の元といいますが、がんよりずっときつい!
本当に死んじゃうかと思いましたぁ~。

嬉しいことに、お薬の効き目が出てきて腫瘍マーカー下向中。
またまた、無事に年越しちゃいそーです。

皆様も風邪に気をつけて、どうぞよいお年を!

悲しみの種類

乳がん治療でも、かなりの実績があり有名な愛知県がんセンターでのこの事故に
驚きを隠せない。

乳癌と誤診、乳房を切除 愛知県がんセンター ← リンクあり

良性のしこりを乳がんと間違えて切除してしまう。実はこれも、よく聴く話。

乳房全摘出してはみたけれどがん細胞がひとかけらも見つかりませんでした。
何ともない乳房を切除された女性の悔しさと悲しさは計り知れない。

私のようにがんを見落とされたのとは全く違う種類の「怒り・悲しみ・・・」が
その後もトラウマのように彼女を一生苦しめるだろう。

悲しみの種類は違うから、その苦しみは想像しがたいが
バカの一つ覚えのように簡単に「早期発見・早期治療!」とは言い切れない
現実がそこにある。

サンタクロースがやってきた。

051224_2128%7E01.jpg


普段はこのシーズンは旅行にでかけてしまうことが多いのですが、
昨夜のイブは夫にも手伝ってもらい、私の手料理で自宅で祝いました。

私の得意料理のビーフシチューをお肉が
お箸でちぎれるぐらい柔らかくコトコト煮込み、サンドイッチと
ケーキでささやかなお祝いをしました。

朝、まくらもとにはサンタクロースからのプレゼントが・・・。
年に一度、自分に無償の愛情を注いでくれる人がいる
というのは幾つになっても、嬉しいものです。

お外は寒いけれど、お家の中はとても、暖かい・・・。

Merry Christmas !

051225_0752%7E01.jpg


自殺天国

がん闘病番組類は気持ちが暗くなるので、見ていないのだが、
たまたま夕食時にテレビチャンネルを回していたら、
NHKでホスピスの病院の紹介があった。
なかなかアットホームでいい感じの病院のようだったけれど・・・。

患者さんが、みんなお年寄りばかりで、ホスピスというよりは
老人ホーム??? という感じだった。
きっと若い人も、患者さんの中にはいるのだろうけれど、
取材受ける人はいないと思う。

末期患者の自殺補助容認…スイスの病院

この記事を読んだ時、ある一冊の本を思い出した。
たしか、タイトルは「グッパイママ」だったかな・・・?
末期がんのお母さんが幼い子供達を残して安楽死する為に
海外に渡るという内容の本だった。

その時、私は病気とは無縁の生活を送っていたので、
書店で手に取りパラパラとページをめくっただけだったが、印象に残っている。
今、読みたいと思い探したけれどなかなか見つからない。

臓器移植も、安楽死も、わざわざ海外までいかないと出来ない。
それぞれの国の生死感、倫理観、宗教観??の違いだろうか。

がん患者は死ぬことよりも、「死にゆくその過程」を恐れている。
その過程をすっ飛ばして、安らかに死ねたらさぞかし楽だろうと思う。

今年は20年に一度の大寒波になるようです。
庭の木から、ゆずを採り、香りのいいゆず湯に入りました。

日本の家計簿

タバコ税をすこ~し上げて、それを子育て支援費に回すとはなんとも・・・?

日本のたばこ税はヨーロッパの国々に比べて、安すぎる。
1箱1000円にして欲しい。

禁煙ガイドライン ←(リンクあり)

喫煙は病気として保険医療の対象となった。
タバコの値上げで禁煙する人が増加し、自分と家族の健康を守り、
しいては、医療費削減にも確実に効果が出ると思う。
タバコの害からいうと、医療関係の支援にタバコ税を使う方が、合理的。

子育て支援に関しては、根本的に女性が子供を育てながら、
当然のように働き続けられる、そんな社会の環境作りの方が先決だと思う。

子供はいい。
何より、「生きる」ことへの強いモチベーションになる。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ