2006年02月

心の充実

img20060227_1.jpg


検査結果を聴く日だったので夫に病院へ付いて来てもらった。
横でボーッとしている夫は、本当に役にたたないけれど、
病院帰りに、結婚記念日のランチコースを予約して食べた。
一人だったら、気が滅入るけれど夫と美味しい食事をし、
気持ちがすっかり明るくなる。

ご近所や職場で人に会う度に 「とても、元気そうね・・・。」
と言われる私だが、画像と向き合うとやはりがんなんだと改めて思う。

生きることと死ぬことを絶えず、同時進行で考えて生きるのは
結構、しんどいけれど、これからは人生の長さにはこだわらず、
なるべく充実した心で毎日を過ごしたいと思う。

無念な気持ち

子供達が、もう少し大きくなるまで生きていたいと思っていた。
子育てが完了したら、生きることへの執着心はそこまで
強くは持たないのではないだろうかとも・・・。

でも、先日同じ病院の再発仲間で年配の方はもうお孫さんが5人も
いらっしゃるのだが、「孫の成長をずっと見守りたい。」とおっしゃっていた。
何歳になっても、もう死んでもいい年齢とはないのではないだろうか・・・とこの頃、思う。

子供がいてもいなくても、孫がいてもいなくても、
人生の中で積み重ねてきた大事なものがそれぞれあるだろうし、
がんで亡くなる人の無念な気持ちはきっと皆、同じだと思う。

結婚記念日

バレンタインは結婚記念日。
結婚前の交際期間は5年。
十代の頃から付き合っている私達にとっては何回目だろう。
今年は、夫がたまたま海外出張で留守だったので初めて一人で
迎えたバレンタインデー。

こういう時に頼りになるのが長男で
普段は夫がやる仕事をよく手伝ってくれて、「やっぱり、男の子だな。」と思った。


img20060216.jpg


15日夜、夫が無事帰国しホッとした。
おみやげは結婚記念日のプレゼントを兼ねて、
ヴィトンのバックとディオールの化粧品。

サプリメントの安全性

なんとあのアガリスクになんと発がんを促進する作用が・・・。

アガリクス製品に発がん促進作用← リンクあり

がんになってから、色々なサプリメントや健康食品類を勧めてくれる人もいるが
私は全てお断りしている。
何が入っているかよく成分の分からないものを摂取するのが嫌なのと
ホルモン剤や抗癌剤等の治療効果がわからなくなるからだ。

こういう類の商売にひっかかると、新興宗教にマインドコントロールを
されるように自分を見失うだろう。

アガリスクの推奨本に、医学博士とか名を連ねている
ドクター達の責任は問われないのだろうか?

がん患者やその家族を食いものにする悪徳商法はちまたにあふれているけれど、
こういうサプリメントの安全性と有効性をしっかり検証して欲しい。

がんに効く?健康食品を検証 厚労省研究班が春から

お金は正直

<たばこ価格>1箱519円なら半数禁煙  ←リンクあり

人の心はお金で動かせるってこういうことなんだろうか・・・

英国のパブ・レストラン、来夏から全面禁煙に 

日本も早く全面禁煙にして欲しいな。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ