2006年09月

続いていた奇跡の道


アンビリーバボー  ←リンクあり backnumber 9/7 放送 「続いていた奇跡の道」

再発乳がんから6年目、トライアスロンに挑戦したり、
アメリカ大陸を自転車で横断した人がいると知り、とても、励まされた。

「前向きに人生を楽しむことで、脳内にエンドルフィンが多く出る」
という医師のコメントが印象的でした。

命の不思議を感じます。

誕生日

img20060906_6.jpg

img20060906_2.jpg

img20060906.jpg

img20060906_1.jpg

img20060906_7.jpg


今日は私の誕生日。
将来は天皇誕生日として、祝日になるかも・・・?

「皇室に男子誕生!」の世間のお祝いムードに
なんとなく違和感を感じるのは私だけだろうか?

男の子だろうが、女の子だろうが、生まれて来た命は無条件で祝福したい。
私の母も、私を産んだ時、とても幸せだったと思う。
今日は、ランチに母とお寿司を食べに行った。

年齢を重ねることを喜ぶ女性は少ないかも知れないけれど、
今は、ただ生きている幸せを感じています。


img20060906_5.jpg


img20060906_3.jpg


沢山のお祝いありがとうございました。

子供の成長

img20060903.jpg


今日は長男が珠算競技大会で最優秀賞を受賞した。

私が乳がんになった時、小学校1年生だった長男も今は6年生になり、
来年は中学生になる。

子供達の大事な成長期に私が大病を患い、精神的にかなり不安定にだった時期もあり、
子供達の面倒をちゃんと見てあげられなかった時もあった。

「私さえ、病気にならなければ・・・。」

と自分を責めたり、子供達に申し訳なく思ったり、悩んだりしたが、
ちゃんと子供なりに、私の病気のことを受け止めて、支えてくれていたと思う。

今も、悩んだり、迷ったりして、生きているけれど、
その間も、子供達は確実に成長している。

子供の成長を見られるだけでも
「生きていてよかった。」と思った。

プロフィール

drecom_mariko4649

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ