2007年03月

まさかの3匹目

4.jpg


旅行から帰って来て、長男と次女が生まれて半年ぐらいの猫を
ひろって来た。

どう見ても、あまり可愛くない。
さっそく動物病院に連れて行って、予防注射をしたり、洗ったり。
どうやら飼われていた猫らしく、人に馴れている。

海力

左から 長男・夫・次女・長女・私

1.jpg



再発して4度目の石垣島の海。

最初は、肺炎になったばかりだったので、ちょっと心配だった。
海に飛び込んだ瞬間に感じた恐怖感。

「どうせ、どっちみちいつかは死ぬんだから・・・。」

と開き直って、気をとりなおし、海に向かいだして泳ぎだす。
そうするとそこは別世界の海の中。

全て忘れて夢中で海の中を探検。

万が一を考えて、長女がづっと私の手をにぎっていてくれた。

私は決していい母親ではなかったのに、とても、ありがたかった。

結局、3日連続、海で泳ぎ、とっても楽しかった。
海で生きる力をもらって帰宅した。

こうして泳いでいると、何の問題もない幸せな家族に見えるかもしれない。
今は何の問題もないのが不思議。

自然治癒力が体中から湧き上がる、海には不思議な力がある。

kuma16.jpg

幻の花

石垣島ANA
ホスピタリティーのあふれるいいホテルでとても気に入っています。
img20070322.jpg

聖紫花

ca330017.jpg

春爛漫

img20070303.jpg


我が家の庭の梅の木も、ようやく満開。
長女も次女も無事、志望校に合格。

来月から次女の通っていた学習塾で長女が塾講師をすることになった。
今、彼女は自動車の免許習得に通っている。

本来なら、高校卒業と同時に、子供達は独立させてあげたかったが、
私がこういう健康状態なので、自宅から、通ってもらうことにした。

私が発病した時、小学校1年生だった長男も、この春中学生になる。
私も家族も、よく5年間、生きた。

5年間、家族と沢山話したし、旅行も楽しんだし、いい人生だったと
今は、家族や周囲の人達への感謝の気持ちで一杯。
だんだん、生への執着心は薄れつつある。

命とは不思議なものだ。

人間はいつかは誰もが悲しい別れを経験する。
でも、子供達に命をつないで、夢をつないで、
そして、毎年、梅の花も、桜の花も咲くだろう。

あまり先々のことを考えても、しかたがない。
一日を大事に生きて、今はただ人生の春を楽しもう。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ