今年度、私の在住の市の乳癌検診システムは大きく変わった。
30歳代に「超音波検査」、 40歳以上は奇数歳の方に「超音波検査」、
偶数歳の方に「マンモグラフィ検査」を実施することなった。
大きい進歩。 個人的には、マスコミに出たことで傷ついたストレスは
相当大きかったが、受診する人が一人でも多く増えて、 救われる命が、
少しでも多くありますように。
自分を大事にすることは、自己責任。
どんなに正しく検診が改革されても、受診率が伸びない限り、 死亡率は変わらない。