041125_1156%7E01.jpg

今日の仕事場では、病気のことをカミングアウトして
いないので、首のカラーをはずす。
誰も私の病気を知らない場所はやはり、居心地がいい。

「若いっていいな・・・。」
受講生達が眩しい。
こういう場所に来る若者は意欲が旺盛で夢を追いかける
パワーがある。

同じ若者でも、俗に言う「ひきこもり」が起こす
悲惨な事件が昨今、多発している。

大人が、仕事もせず、学校もいかず、何もしないで、自宅に
いることは、通常ではない。
ひきこもっている本人もさぞかし辛いだろうし、周囲の家族も
たまったものではない。

私も、抗癌剤治療後、酷い鬱で、自宅を一歩も出られなくなり、
人と接するのが怖くなり、寝たきりの状態になったことがある。
一歩間違えれば、何時、自殺してもおかしくはない状態だった。

母親の場合、子供を道ずれに無理心中、というケースも決して
稀ではない。絶望の淵から立ち上がると希望の光が見える。
強くならないと、生きられない。

健康な体を持つ人でも、生きることに喜びを感じていない人が
多い中、「今、生きていること」そのものを愛しく感じ、
喜びを沢山感じられることは幸福なこと。

今日も、沢山、若い世代と笑顔を交わし、充実した一日だった。