『混合診療』解禁には賛否がある。

末期乳癌患者の私としては、欧米で認可されエビデンスが
ある抗がん剤などは、早急に保険認可されることを望み、
金持ちも貧乏人も保険認可されてる限り国民皆保険制度のもと
平等に最先端の医療が受けられることが理想だと思う。

「かかりつけ医通信 第72号2004年11月29日発行」からです。
http://www.docbj.com/kkr/

「もしも、『混合診療』が解禁になったら…」
 http://www.med.or.jp/kaihoken/video.html

もしも混合診療が解禁になった場合の事例が、3つのミニドラマ
  1.お金のあるなしで治療に差がつく
  2.安全性・有効性に疑義が生じることが多い
  3.民間保険での保障が必要となり、結果的にお金の有無に影響される
と収録されています。
約13分間の配信です。是非、ご覧下さい。

混合診療解禁については、数々の問題点をもっと、国民レベルで、
議論されるべきだと思う。