今回の明治生命の不祥事は、病歴を隠して保険に強引に勧誘
し、実際は告知義務違反として、保険金を支払わない。
という悪質なもの。明るみに出て本当によかった。

放射線治療に通った病院で知り合った患者さんが、
ため息混じりに語っていた。

「あなたの記事を読んで、癌が早期に見つかったわ。
でも、こんなに治療費がかかるだなんて、癌検診に
行く前にがん保険に入っておけばよかった。」

確かに、がんは治療費がとても、かかる。
初発はまだ、治療の先が見えるけれど、再発治療はエンドレス。
混合診療が解禁になれば、治療の幅は広がる一方、金持ち
だけが最先端の治療を受けられるようになるだろう。
がん患者の経済問題はとても、深刻。

「治療にかかる時間も費用も、どうせなら、もっと楽しいことに使いたい!」
というのが、患者の本音。

3人に1人はがんになる時代。
がん保険は掛け捨てでいいから、入っておいたほうがいい。
喫煙者は掛け金をわり高にすべし。

生命保険はいわゆる、命の商売。
フェアにやってよ!フェアに!