抗癌剤の副作用で、食事がとれなくなったらどうしよう・・・。

なんて、期待は裏切られ、全く副作用なし。
それだけ、薬が効いてないということなのだろうか?

もともと副作用の強いACの時でも、一度も吐いたりしたこと
のない私はそういう面ではタフなのかも知れない。

今日は、仕事が休みだったので、秋晴れの中、犬の散歩を
楽しみ、お友達とランチに出かけて沢山おしゃべりをした。
食欲があり、デザートまでしっかり食べて楽しいひと時を過ごす。

こうなったら、どうしようか。ああなったら、どうしよう。
とあれこれと仮定して悩むのは無駄なことだと思う。

乳がん患者は再発を恐れて、10年過ごす。

一通りの治療が終わっても、
再発が怖くて、怖くてしょうがない患者も多い。

再発が怖ければ、再発した時に悩めばいいと思う。

あれこれ悪い方向へ想定して、思い悩むのは時間の無駄。
それこそ自分で自分の心を病気の闇の中へひきずり込んでしまう。

それよりも、病気を忘れて、空の青さとか、花の匂いや風を肌に感じ、
心地良く今を生きる方がいい。