マンモグラフィーや乳腺の超音波を受けていても、
乳がんの見落としはある。
それぐらい専門医でも、とても難しい分野。

乳がん見落とし、第三者が「検査」 NPOが再評価制度 ←(リンクあり)

私は市の乳がん検診で、専門外の産婦人科医に腹部専用の超音波で
検査され、『脂肪の塊』と断言された。

腹部と乳腺を診る超音波の機械は違うので、「見落とされた」のではなく、
最初から見えるはずない検査だった。
しかも、市の乳がん検診には超音波検査は含まれてはいなかった。

自分が診れないなら、最初から、
「大丈夫だとは思うけれど、専門は乳腺外科です。」と
専門医を紹介すべきだった。
なぜ、彼がそれを怠ったか今でも、とても不思議でならない。

日本人は、長いものにまかれろ。くさいものにはふた。
医師同士がお互いのミスをかばい合うこいう体質が、
このいい加減な乳がん検診状況を放置した最大の原因になったと思う。

人の命にかかわることは、「しかたない。」ではすまされない。
医師も、人の子、人の親、自分の家族を診るような気持ちで診察に
あたって欲しい。

乳がんは早期発見で、命が助かる場合が多い。
早期発見できれば、体のダメージも少なくてすむ。

女性が命を失うことで、不幸な家族が増えないように。
2度とこのようなことが起こりませんように・・・。