img20070303.jpg


我が家の庭の梅の木も、ようやく満開。
長女も次女も無事、志望校に合格。

来月から次女の通っていた学習塾で長女が塾講師をすることになった。
今、彼女は自動車の免許習得に通っている。

本来なら、高校卒業と同時に、子供達は独立させてあげたかったが、
私がこういう健康状態なので、自宅から、通ってもらうことにした。

私が発病した時、小学校1年生だった長男も、この春中学生になる。
私も家族も、よく5年間、生きた。

5年間、家族と沢山話したし、旅行も楽しんだし、いい人生だったと
今は、家族や周囲の人達への感謝の気持ちで一杯。
だんだん、生への執着心は薄れつつある。

命とは不思議なものだ。

人間はいつかは誰もが悲しい別れを経験する。
でも、子供達に命をつないで、夢をつないで、
そして、毎年、梅の花も、桜の花も咲くだろう。

あまり先々のことを考えても、しかたがない。
一日を大事に生きて、今はただ人生の春を楽しもう。